Linux Mint のインストール

Live DVD 形式になっているため、起動してある程度使用できますが、
日本語環境でまともに使用するためには、インストールし、日本語化を行う必要があります。


.iso 形式のダウンロード

日本では ftp.jaist.ac.jp でミラーされています。

17.3 以前をダウンロードする場合は基本的に no codecs をダウンロードして下さい。

18 からはすべての .iso ファイルが Codec なしになりました。

このダウンロードした .iso ファイルを DVD に書き込む等します。

最新版で容量が 1G バイトを超えているため、CD には入りません。

Linux Mint から DVD に書き込む場合は「Brasero」を使用できます。

 

USB メモリを使用するケースもでてきていますが、
USB メモリで起動できない機種もあります。BIOS の設定を確認して下さい。

Linux Mint から USB メモリに書き込む場合は「USB イメージライタ」を使用できます。

USB メモリの起動に問題がある場合は

「USB メモリフォーマッタ」で一度初期化してみて下さい。

 

なお、17.3 までの no codecs ではないバージョンを Torrent を使用して .iso 入手すると
日本では法律に接触する恐れがあるため、行わないで下さい。

直接 .iso ファイルをダウンロードする事、また使用する事は現状問題ありません。

18 の ISO より Codec が含まれなくなったため、この心配はありません。


インストール手順

基本的にはどのバージョンでも手順は一緒で、Ubuntu・フレーバー(公式派生)とほぼ同じです。
Linux から GUI によるインストーラを経験している人であれば
問題なくインストールを進められるでしょう。

 

KDE と Debian Edition はインストーラが異なり、表示が違います。

Debian Edition は日本語を選択してもほとんど英語です。

行う手順としては KDE と Debian Edition でも他とほとんど変化ありません。

 

一部のパッケージをダウンロードしようとしますので、

この段階でインターネットに接続しておいて下さい。

18 からはネット接続によって fcitx-mozc (日本語入力環境) がインストールされます。

 

起動直後。
この時にキーを押すと
メニューになります。

OS が起動します。
インストールは
アイコンを選びます。

※ 18 KDE はメニューより

日本語を選びます。
あとは画面の表示にしたがって進めて下さい。


 

起動直後の画面から変化しない場合、CPU が原因で起動できない可能性があります。

主に下記が原因で起動できていないでしょう。

  • 32ビット CPU なのに 64 ビット版を起動している
  • PAE 非対応の CPU で起動している

起動画面で何かキーを押してメニュー表示にし、
tab を押すと起動オプションがでてきますので、quiet splash を消して下さい。

これで具体的にメッセージが表示され、何か原因で起動しないかが把握できます。

VirtualBox では 設定 - システム - プロセッサ タブ の

「PAE/NX を有効化」にチェックを付けておく必要があります。

 

17 で非 PAE の CPU を使用する場合、

起動オプションの後ろに forcepae を加えると起動できる場合があります。

または Debian Edition をご検討下さい。

 

また、17 でビデオカードの問題で起動に失敗する場合は

起動オプションの後ろに xforcevesa を加えると起動できる場合があります。

 

Windows や他の Linux を入れている場合

すでに他の OS が入っている環境でも
普通に Linux Mint を起動し

インストールを進めて構いません。

Linux Mint は入っている OS を確認し、

確認メッセージを表示します。

他の OS を残す事もできますし、

削除してインストールする事も可能です。

 

Windows 実行ファイルでインストールする

mint4win は最新版に正式対応していません。

Wubi は非対応です。

 

Puppy Linux など、Frugal インストールされている Linux は認識しません。
GRUB 2 をインストールした場合は、個々に追記する必要があります。